50の手習い:シニアのためのビデオポーカー

ビデオポーカー、略して「ビデポ」

WSOPシニアの戦いは、人生において長い長い戦いになります。10年?20年?いや30年後も挑戦しているかもしれません(笑)

毎年ラスベガスに行くのなら、このビデポの打ち方をマスターしておいて損はありません。

なぜ、ビデポなのか

面白い。

これに尽きます。単純なゲームなのに面白いのです。そしてコンプとの兼ね合いなど、活用法を研究するとさらに奥が深い。

トーナメントで早トビしたときや、キャッシュゲームの待ち時間に、スロットを回したり、ハウスエッジの高いテーブルゲームで時間を潰してしまいがちですが、それをビデポに変えるだけで様々なプラス面が出てきます。

約束されたペイアウト

大抵のビデポは正しいプレーをすれば98%以上のペイアウトが約束されています。ダウンタウンに行けば100%オーバーを保証しているゲームさえあります。

一方で、スロットマシンは平均でも92%程度で、セント単位で遊べる手ごろなマシンはほとんどが90%を下回っています。

この差を理解しておくか否かで、ラスベガスという街との付き合い方が大きく変わってきます。なにしろ、シニアの戦いは何十年も続くのですから、この差は大きな蓄積となります。

ゴールデンナゲット周辺はビデポ天国

WSOPの裏番組でシニアに力を入れているのが、ダウンタウンのゴールデンナゲットです。シニアトーナメントに挑戦する人なら必ず訪問することになるでしょう。

ナゲットの周辺には、フォークイーンズメインストリートステーションなど、100%オーバーのビデポをずらりと並べるカジノがあり、我々の訪問を待ってくれています。

もちろん、大金を稼げるゲームではありませんが、暇つぶしにプレーしてビール代が出るなら嬉しいじゃないですか。レトロな街で、古き良き時代のラスベガスを少し味わうのもオツなものです。

メンバーズクラブのステータスを上げる

ストリップのカジノには、さすがに100%オーバーのビデポは置いてないため、99%前後のマシンがターゲットになります。

それでも、見逃せないのがメンバーステータスが上ることで、ホテル代の割引やリゾートフィーの免除など、金額にするとけっこうなベネフィットが用意されています。また、レンタカーを使う人ならパーキングが無料になり、バフェやカフェの優先レーンが使えるLINE PASSも人によっては利用価値が高いでしょう。

そして、メンバーズクラブのカードにコンプダラーが貯まるので、それをホテルやレストランの支払いに使うことができます。

アプリを使った練習法

ひと昔前のビデポというと、長~いストラテジー表を覚えて、それをPCソフトで反復する地道なイメージがありますが、今は強い味方のスマホがあるので、アプリを使って短期間に上達することが可能です。さらに、分からないハンドは現場でカンニングしてしまえばよいのです。

さて、今回はシニア向けなので、できるだけ簡単にトライできるよう書いてみます。(アプリ代の1200円は気前よくお願いします。こんなニッチなアプリよく作ってくれました。)

WinPoker for iPhoneをインストール

‎WinPoker a video poker trainer for the iPhone. Learn how to correctly play video poker. Use WinPoker to play while you learn! Single play, triple play,...

アプリを起動したら、Optionsを開いて以下のように設定してください。変更する点は、Speedを少し速くすることと、Negative Cashを有効にします。これで、どれくらいマイナスが出るものか浮き沈みを体感することができます。

Bonus Pokerを選択する

Play the Game からゲーム画面の下方にある[Games]ボタンで、Bonus Poker 99.17% を呼び出します。

このボーナスポーカー8/5が基本ゲームになります。ラスベガスじゅう、どこのカジノに行っても置いてあります。中には、フルハウスが1つ少ない7/5マシンがあり、ペイアウトが98%に落ちますが、あまり気にしなくてもOKです。暇つぶしにプレーしたかったらやればいいのです。ビデポとはそういうゲームです。

これだけは絶対守ってください:ロイヤルが4000枚になるよう必ず5枚BETでプレーします。 4枚以下ではペイアウトが激減してしまいます。もし、$1マシンが高すぎるなら50セントや25セントのマシンに移動しましょう。

プレーの修正法

アプリで遊んでいるうちに自然と正しいプレーが身につくので、とにかくプレーしてみることです。間違った選択をすると、以下のように表示されます。

ここで注目したいのは、Major Error: Cost $2.32 です。「これはメジャーエラーです。あなたは今、$2.32をどぶに捨てました。」と言っています。

お分かりでしょうか。このようなエラーをほとんどの人が普通に犯しているので、ビデポというゲームがラスベガスに存在できるのです。理論上は99%でも、それに近い数字を出せるのはごく一部のプレーヤーです。

上手な人が、下手な人のエクイティを奪って市場が成り立っているのは、どんなゲームでも同じですね。

さて、ゲームに戻って、このようにエラーを指摘されたら、NOを押してやり直します。この繰り返しで、正しいプレーが自然と身についてきます。最初は、以下のアンチョコを見ながら、上方の選択を優先するよう練習してください。

メジャーエラーを犯さないためのアンチョコ

損失コストが数セントのマイナーエラーと違って、練習不足や、ど忘れによるメジャーエラーは大きなダメージとなります。それを補完するためのアンチョコを用意したので、カジノでプレーするときはこのページを開いておいて、自信のないハンドはカンニングしてください。

ハンド例 上方の選択を優先
ストフラ完成
4枚ロイヤル
フラorスト完成
4枚ストフラ
JJ-AA
3枚ロイヤル
4枚フラ
KQJT
22-TT
両面スト
型のいい3枚ストフラ
AKQJ
スーテッドハイ
AKQT/AKJT
AQJT/KQJ9
KQJo
KQ/KJ/QJo
JTs
AK/AQ/AJo
QTs/KTs
ハイカード1枚
しょぼい3枚ストフラ

100%オーバーマシンもやってみたい

ボーナスポーカーが大体プレーできるようになったら、他のマシンも普通にこなせるようになります。

なかでも、ベガスに行くなら一度はやってみたいのがダブルボーナスで、純粋に100%を超えるペイバックのマシンです。ダウンタウンに行けばプレーできますし、少し郊外に出ると大抵のカジノに置いてあります。ストリップから最も近いのはパームスにありますね。

アプリで練習するには、[Games]ボタンで、Double Bonus Poker 100.17% を呼び出してください。

プレーしていると、前述のボーナスポーカーのストラテジーでは間違いを指摘されることが多くなります。「3枚フラ」と「カンチャンスト」を残すことが一番大きな違いですが、それらをアプリの練習で修正していけば、数時間で本当に100%オーバーのプレーができるようになります。

ラスベガスへの飛行機の中でしっかり練習しておくだけで、到着する頃には、あなたにはビデポプロ並の実力が付いています。若干大げさですが、その程度の努力で、カジノのアドバンテージをほぼゼロにできるのは凄いことだと思いませんか?

目当てのビデポを探す

さて、ベガスに着いたらいよいよ実践ですが、広いカジノフロアを1台1台見て回るわけにはいきませんよね。

以下のサイトに全米のビデポが、どのカジノの何処に何台置いてあるかまで掲載されています。データは驚くほど正確で常に更新されています。ありがたく使わせていただきましょう。

vpFREE Casinos. Find a Casino in your region with the best video poker

といっても、この一覧から目当てのビデポに辿り着くことさえ最初は大変です。

慣れてしまえばすぐに見つかりますが、最近のビデポマシンは、一見すると普通のドローポーカーぽくない機種もたくさん置いてあります。ビデオスロットのように見えるSpin Pokerがその代表例で、中身のゲーム自体はしっかり99%のボーナスポーカーが動いていたりします。

実物のビデポが体験できるサイト

以下のサイトは、ゲーム機メーカーのIGTがステマ的にやらせているようで、カジノゲームのほぼ実物がプレーできます。

Play free video poker and learn to win!

メルアドだけ用意すればいくつでも無料のアカウントが作れるので、目当てのビデポを事前に体験しておくとよいでしょう。プレー画面を見ておくだけで、現地ですぐに探せるようになります。我々のターゲットとなるのは以下のようなゲームです。

Classic Single Hand (Game King)
3~100 Play
Spin Poker
Triple Spin Poker
Super Times Pay Poker
Double Super Times Pay Poker

Spin Pokerはすごく増えていて、有効に使える機種なので必ず体験しておくべきです。また、Super Times Pay Pokerは規定のペイアウトより若干プラスがあるので、ロケーションが合えば狙っていきたいゲームです。